top of page

JOHN&MARY Q&A

ブライトニングセラム.jpg

​敏感肌でも大丈夫?

敏感肌でもご使用いただけるように

成分にこだわった

 弱酸性のお肌にやさしい

ケア商品です。

オーガニック素材を厳選して配合し

安全を第一に考えておりますが

皮膚トラブルをお持ちの方の場合は

全成分表示を確認して

一度医療機関にご相談ください。

ウォッシュエッセンスオイル.jpg

​効果の実感

個人差がありますが

ご使用いただいた方の声から

早い方で数日

遅い方ですと1ヶ月くらいから

実感していただける

ケースが多いようです。

センシュアルマッサージオイル.jpg

​使用期限

未開封の場合は3年です。

開封後は約4〜5ヶ月ほどで

お使いください。

ヒップ&レッグ保湿ジェル.jpg

​生理中でも使えますか?

生理中もお使いいただけます。

生理中はナプキンと

ショーツで蒸れやすいので

ケアをして

清潔な状態にしましょう。

フェミニンウォッシュ.jpg

​妊娠中でも使えますか?

妊娠初期や

体調がすぐれないときは

ご使用をお控えください。

ご心配な場合は事前に

専門医にご相談のうえで

ご使用ください。

セット.jpg

​商品を使って違和感

デリケートゾーン専用の洗浄オイル

「エナ ウォッシュエッセンスオイル」と

保湿・美肌クリームの

「エナ ブライトニングセラム」

についてですが、

生理前のデリケートな時期や

更年期の時期など、

ホルモンバランスが不安定なときは

天然ローズのハーブエキス成分によって

ピリッとした違和感や

しみるような感じがすることが

稀にございます。
もしどうしても気になられる場合は

生理後などホルモンバランスが安定して

体調が良いときに

使い始められることをお勧めしております。

2S2A0453 のコピー.jpg

​膣の中は洗って大丈夫?

「デリケートゾーンのにおいが気になる」

「彼から引かれたくない」など

気にするあまり膣の中まで

洗ってしまうという方の声を

たまにお聞きします。
通常、膣の中は弱酸性に

保たれていますので、

病原体や雑菌の侵入や繁殖を

防ぐはたらきがあります。

そのため、洗う必要はありません。

不用意に膣の中まで洗うことで、逆に膣が持つ浄化作用のバランスを崩してしまうことになります。

デリケートゾーンを洗う場合は

専用のソープで洗い流してください。

前から順に、陰毛、クリトリス、性器部分、肛門の順に現れることをお勧めいたします。

特に、皮に隠れているクリトリスや

大陰唇と小陰唇の間は

気をつけて洗ってみてください。

2S2A0455 のコピー.jpg

デリケートゾーンの匂いが
気になるので使用したいのですが
​効果はありますか?

デリケートゾーンのにおいが

気になる時というのは

分泌されるおりものによることが

ほとんどです。

通常のおりもののにおいは無臭だと

言われていますが、

生理周期によって

変化するおりものによって

ある程度のにおいがあるのは

当然のことでしょう。
また、においの原因として

考えやすいのは雑菌と言われています。

雑菌の栄養になるのは

経血や尿、汗、垢などです。
恥垢が特にたまりやすいのは

大陰唇と小陰唇の間

小陰唇のヒダの部分

クリトリスの皮の間

(かぶっている方は特にたまりやすい)

sです。
少しにおいが気になったら、

まずはこの部分の

清潔を心がけてください。

セックスやセルフプレジャーの時に

ついた少しの傷などから

雑菌が繁殖して

においの原因となる場合もあります。
こういった場合は

病的ではありませんが、

心配な場合や織物がチーズのような

においがする、

ポロポロとかすのようなものが出る、正規のかゆみが伴う、

痛みがあるなどの場合は

専門家による診察を受けられることを

お勧めいたします。

2S2A0454 のコピー.jpg

​品質基準は??

身体の中でも最もデリケートな部分

に触れる商品を開発をしているからこそ、

生産者の顔が見える

安心・安全な原料の選定、

そして“オーガニックの品質”

に徹底的にこだわっています。

全ての原材料はジョンアンドマリー

の定める7つの基準を

クリアしています。
1.遺伝子組み換えされた原料は使用してはならない
2.環境に害のある実験、動物実験はしてはならない
3.合成着色料、合成香料、防腐剤などは使用してはならない
4.すべての原料は原産地が明確な原料でなければならない
5.すべての成分は情報を開示しなければならない
6.可能な限り植物原料をしなければならない
原料の95%がオーガニックな農作物でなければならない

bottom of page